車 買取 査定

車の買取査定について考えてみる

通勤用に2台目の愛車購入を検討中

私は通勤や休日の外出の際はトヨタ自動車のPASSOに乗っています。しかし、小回りの利く軽自動車の方が通勤には適しているように思い、今は通勤用の2台目の愛車として軽自動車を探しているところです。

 

最近の軽自動車の燃費はリッター30キロは走るのが当たり前になっています。もし乗り換えたならば、高騰しているガソリン価格の影響も小さくなるので、ガソリン代も大きく節約することができそうです。

 

今のところ最も興味を惹かれているのは、ダイハツのミラ・イースでしょうか。CMで何回も見ている内に乗ってみたいと思うようになっていました。あと、CMの作り方の影響もあると思います。”燃費を褒めて伸ばした”や”追突防止システムの説明を念力で止めた”などといった内容は、思わず笑ってしまうほど好きです。

 

他社の軽自動車も負けず劣らずの性能なので、じっくりと考えて最終決定をしようと考えています。

 

また価格を抑える意味でも中古車での購入についても考えています。

 

 

今回の場合は古い車の買取査定をすることができないので、購入の価格がそのまま支払い代金になってしまうところが痛いです。
買い換えるというわけではないのでしょうがないですね。

 

車の査定を高くするのが私の趣味というか、特技なのですが今回は封印したいと思います。

愛車を洗車しました

この前、仕事が休みになったので車でも洗おうかなぁと思い、洗車をすることにしました。最近は全く洗車してなかったのでかなり汚れていました。今まではガソリンスタンドの洗車機で洗車していたのですが、今回は自宅の庭で水洗いをしました。

 

車がそんなに大きくはないので、庭で洗ってもそんなに疲れませんでした。久しぶりに洗ったので、ピカピカにしました。車内もホコリやゴミがかなり溜まっていたので、掃除機をかけてきれいにしました。一時間ほどで洗車が終わりました。

 

きれいになった車で、そのあとドライブをしに行ったのですが、やはりきれいな車でドライブすると気持ちがいいですね。今度はこまめに洗車をしていきたいなぁと思います。きれいな車だとテンションが上がります。

 

また趣味の車買取査定に話がいってしまうのですが、査定の前には洗車はおススメです。やっぱり綺麗だと自分も嬉しくなるように査定士も当然綺麗なほうが安心できるわけですよね。できる限り高くなるような形で出張査定を受けるというのが私のやり方です。

 

自動車買取とか軽自動車査定とかのページをよく読むとどういった方法でやればいいのかわかってきます。

エコカーは本当にエコ?

私の知人が最近車を買い替えました。

 

それまで乗っていたアコードを下取りに出し、買った車はインサイトでした。納車間もないところを私も乗せていただく機会があり、インサイトの実力はどんなものかと楽しみにしながら乗り込みました。助手席に座り、音や振動、乗り心地などをじっくり味わいました。

 

アイドリングストップや走り出しのモーターアシストはごく自然で、ギクシャクするようなところはありません。ただ、ハイブリッドを強烈に意識させるのは、その騒音の少なさでした。メーターパネルの中には回生ブレーキの稼働状況を示すメーターがあり、頻繁に発電しているのが良く分かります。熱として捨ててしまう運動エネルギーを電気として回収・再利用しているのが本当に良く分かります。

 

さて、ここで私は思いました。ハイブリッドは先進的なシステムで、確かにエネルギー効率のいい車ができます。しかし、その高効率を実現するために、従来車にないリチウムイオンバッテリーや回生システムを搭載しています。バッテリーをはじめ、レアメタルやレアアースを大量に使わないと実現できないシステムです。この希少金属や希土類は、精製時に非常に毒性の高い副産物の出るのです。

 

果たして二酸化炭素とこれら毒物、環境負荷はどちらが重いのか、などと考えてしまうのでした。本筋から逸れてしまいましたが、インサイトは大変いい車でした。

 

 

管理人の感想ですが、確かにインサイトはいい車ですよね。そして私自身もエコカーについては色々と思うところがあります。ただまだ開発途中でもあると思いますので今後素晴らしい車になっていってくれるのではないかと期待しています。

 

 

今回お話したいのはそこではなくて、この方アコードを下取りに出しているんですよね。全部が全部じゃないですが、実は車の買取専門業者に売ったほうが高くなる場合がよくあります。実際私もやったことがありますが、下取りの査定額よりも高くなりました。

 

自宅まで査定に来てくれますし結構いい感じでしたよ。

 

下取りと買取りの本当の違いをしりたいならこちらにわかりやすいところがありました。ここで大抵のことはわかると思います。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ